2016年05月30日

私はその子が好きだったから恋人になりたいと神社の鈴を勢いよく鳴らした

375 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/09/05 21:46:00
小学校3年の時、物静かっていうか殆ど喋らない男の子がクラスにいて、 
先生に頼まれてその子と一緒に学校の裏にある神社にお供え物を持っていった時、 
私はその子が好きだったから恋人になりたいと神社の鈴を勢いよく鳴らした。 
鈴の留め具が腐っていて、頭より大きな鈴が落ちてきたが、男の子が片手で 
受け止めてくれて頭には当たらなかった。 
男の子が、ハシゴがないか確かめに神社の裏に行こうとしたので一緒に行ったら、 
突然男の子がここで待っててと言ったので、待っていたら、男の子は神社の 
納屋の南京錠を、側にあった石で叩いて、引き戸を開けて、 
30秒ほどそのまま黙って下を眺めていた。 
どうかしたのかと思って私が一歩踏みだしたら、もう一度「待ってて」と言われたので、 
その場に待っていた。男の子はすぐに戻ってきて「ハシゴなかった」と笑顔で言って、 
それから学校に帰って、家に帰った。 
次の日学校に行くと警察?の人が二人きて、昨日の事を聞かせて欲しいと言われ、 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 23:00|PermalinkComments(0)心霊 

目と目が合い、無言で頷いて私がそっとドアを開けました

370 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/09/04 13:18:00
長年飼っていた犬のモモが具合悪そうにしているのを見つけたのは私でした。 
直ぐに病院に連れて行ったのですが、診察結果は良いモノではありません。 
老衰で体力が落ちている事もあり、手術は出来ない状況とも言われました。 
そのまま入院して投薬による回復を試みる事になり、 
我家を家族が一人居なくなったような寂しさが包みました。 
母は時間が許す限り会いに行き、父や私も毎日のように会いに行きました。 
そして入院して2週間が過ぎた頃の夜中でした。 
何かの物音でふと目が覚めました。 
玄関を外から引掻くような音、モモが外に出された時によくしていた・・・。 
私が玄関に行くと後ろから母も起きてきました。 
目と目が合い、無言で頷いて私がそっとドアを開けました。 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00|PermalinkComments(0)心霊 

幼稚園から高校卒業までいっしょだった幼馴染

385 : 1/1[sage] : 投稿日:2003/09/07 05:30:00
心霊話かわからないけどひとつ体験談を 

幼稚園から高校卒業までいっしょだった幼馴染が何人かいるんだけど 
その中で一人だけ、相性がすごくよかった奴がいた。 
自分の家は共働きだったし兄貴も家にあんまり居なかったから 
そいつとは、たぶん一番時間を共にしてたとおもう 
まぁ、そんなだから遊んでる時に同じ事考えてたのか同時に同じ事しゃべる事なんかも 
何回かあったし、それがすごい楽しかったのを覚えてる。 
そいつの何気ない一言に何回も救われてきたし 
本気で喧嘩したのもいまだにあいつだけだったりする。 
自分にとっての居場所がそいつの居る場所になってた気がする。 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 15:00|PermalinkComments(0)心霊 

電柱が正面に迫ってくるのが見えました

361 : こぴぺです[sage] : 投稿日:2003/08/14 19:14:00
当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 
その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 
そこで、道の左端をすり抜けて進みました。それなりに運転技術もありましたし、 
どうなってもいいや、という部分があったので..危険だと知りながら、それなりの 
スピードが出ていました。 
そして、渋滞している車が途切れている所へ来た時に、対向車線からファミレス 
に右折する車に右側から当てられたのです。車も急いで右折してスピードがあった 
為、かなりの衝撃でした 
今にして思えば、一瞬のことでしたが..妙なスローモーションを見ている様な感じで、 
バイクに乗ったまま、私は電柱が正面に迫ってくるのが見えました。 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 11:00|PermalinkComments(0)心霊 

2016年05月29日

あなたの名前もう一回呼んで、ありがとうって…

357 : こぴぺです[sage] : 投稿日:2003/08/13 00:37:00
1/2 
四年ほど前に祖母が亡くなりました。 
数年間患った後、病院で息を引き取りました。 
いよいよ病状が重くなる前は自宅で療養しており、当時浪人中だった 
私が主に祖母の世話をしていました。 

正直祖母の世話は負担でした。 
トイレに連れて行ったり、寝具を整えたり、細々とした仕事の他に、 
少々ぼけも始まった祖母の、とりとめもない話につきあわされるのが 
苦痛でした。 
浪人中と言うこともあり、自分が同じ立場の受験生から置いて行かれる 
ような不安も感じ、両親に何度もグチをこぼしたものです。何で私だけ、 
というやり場のない不満ばかりが募っていきました。 
そんなこともあり、祖母への応対もつっけんどんな態度になりがちだった 
と思います。 
病状が重くなって入院する段になっても、これで厄介払いできるという 
ほっとした気持ちがなかったと言えば嘘になります。 

病状が好転しているのか悪化しているのか分からないままに一月程が 
過ぎた夜、雪が降っていたのは覚えています。 
こたつに入ったまま参考書を開いていたのですが、ついうとうとと 
まどろんでしまいました。 
ふと、肩に誰かが触れて目を覚ますと…祖母が目の前にいました。 
入院前よりも一回り小さくなって、ちょこんとこたつの上に正座して… 
一瞬、この世の存在ではない、と悟りました。 
こたつから飛び出るように後じさり、座椅子にぶつかってそのまま 
動けなくなってしまいました。 
祖母が、いや、祖母だったものがこたつの上から降りて、するすると 
近づいてきました。 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 23:00|PermalinkComments(0)心霊 

私はとある観光業の仕事をしていて そこの独身寮に入っていました

319 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/28 10:01:00
15年ほど昔、私はとある観光業の仕事をしていて 
そこの独身寮に入っていました。 
その日は気温も頃合いの非常に過ごしやすい日和で、仕事を終えた私は 
のんびりと部屋の中でテレビを見ていました。 
そこへノックの音。 
返事をすると同期入社で一番仲の良い同僚が入ってきて 
「今度の休み、Mちゃんの観たがっていたビデオ買ったから、 
また外泊届けだして泊まりにおいでよ」 
彼女の実家は、そこの独身寮のすぐ近くにあるのです。 
(私の職場は決まりがあって、最低でも一年は独身寮に 
入らなければいけないのです) 
勿論休みの時は帰れるわけですが、私はその時一度だけ彼女の家に 
泊まった事があり、そこで彼女のおうちの方にとても優しくしていただきました。 
私は、彼女の誘いを快諾して、友人はそれを知ると笑顔で帰っていきました。 
彼女が帰ってから私は、少し首を捻り部屋の中にある蛍光灯に目を向けました。 
一昨日変えたばかりの蛍光灯は、煌々と、寧ろ眩しい位に部屋を照らしていました。 
なのに、先ほどの同僚の周りが妙に暗かったのです。 
顔や、体全体を黒い靄のようなものが取り囲んで彼女を包んでいました。 
変だなと思いつつも、その日は普通に過ぎていきました。 
次の日、職場に行って外の掃除をしていると、上空を自衛隊のヘリが 
やたらに飛び交っていて、演習でもないのにどうしたんだろうと思っていました。 
その答えは、暫らくしたら係長から私に伝えられました。 
「Mさん、君、Aさんと仲良いよね。彼女のお父さんともあったそうだね」 
「はあ、良いです氏、お父さんもとても優しく面白い方でしたよ」 
「さっきね、Aさんのお父さんの乗っていた飛行機、堕ちてAさんのお父さん 
亡くなったそうだ」 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00|PermalinkComments(0)心霊 

蓮華の花

298 : 1 ◆ozOtJW9BFA [] : 投稿日:2003/06/20 02:02:00
え~とその私事の中で大した事ではないんでつが虫の知らせ?というものを 
体験しますた。内容はというと夢を見ますた。 
漏れが寝ていると池の上に蓮華の花が咲いておりますた。 
その上で彼女(結婚しようねって言ってました)が悲しそうに微笑んで手を振りながら遠くへ流れて行きました。 
漏れは「まて!!行くな!!戻ってこい!!」と必死に叫び追いかけますた。 
結局追いつけなくて見えなくなったところで目が覚めました。 
なんとなく不安になりメールしましたが返信がありません。まぁ夜中だったんで 
仕方ないと思いもう一度寝ました。そしたら次の日の朝、起きたらメールが 
きていました。「今日、どうしても会いたい。」といった内容でした。 
漏れは会社が終わった後、彼女に会いにいきました。 
そして彼女と待ち合わせ場所に着いた時、彼女の表情が見えました。 
はじめて見る真剣な顔をしていました。そしてオレを見つけた時の顔は昨日の夢と全く同じ表情をしてました。 
会った瞬間嬉しそうですぐ悲しそうな顔になり無理に笑ってます。本当に悲しそうに微笑んでます。 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 15:00|PermalinkComments(0)心霊 

小さな女の子が夢に出てくるようになりました

265 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/12 21:05:00
私の体験です。夫と結婚した後時々小さな女の子が夢に出てくるように 
なりました。印象に残っている夢がふたつあります。 
ひとつは高台のような所にある公園で、その女の子が一人で 
泥んこ遊びをしている夢です。もうひとつは私が怖い人達に追い駆けられて 
なんとか逃げ切った後その子が「ごめんね、ごめんね」とぽろぽろ泣きながら、 
私を慰めようとしてずっと側にいてくれた夢です。名前をきいたら 
「としこ」と教えてくれました。 

その後夫の祖母が亡くなり葬式の時祖父の家に行きました。 
仏壇の上には古ぼけた白黒写真がありました。幼くして亡くなった 
義母の妹でした。名前はとしこでした。 
祖母の49日に納骨に行った時、霊園は高台にあり、お墓は 
真新しいものでした。義母に聞くとそれまでとしこさんのちいさなお墓 
だけしかなかったので作り直したということでした。(納骨の日の前日に 
としこさんは先に新しいお墓に入ったということでした。) 

それからとしこさんは夢に出てきません。きっとずっと一人で 
お母さん(祖母)が来るのを待っていたんだね、と夫と話しています。 


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 11:00|PermalinkComments(0)心霊 

2016年05月28日

別れの挨拶1 青年実業家

252 : コピペ[] : 投稿日:2003/06/11 01:04:00
別れの挨拶1 
青年実業家 
04/26 18:28:02 
その出来事は今春で2年が経つ。俺のマンションで仲間4人と朝まで飲んでいた。 
腹が減ったということで、1人がバイクで近所のコンビニまで弁当を買い に行った。 
時間にして1時間程経っただろうか、あまりにも遅いので俺は携帯に電話してみた。 
すると、そいつは電話に出て(ごめんな!すぐ戻るから)と言い 電話を切られた。 
しばらくするとバイクのマフラーの音がしたので俺はドアを開けて待っていた。 
するとそいつは(ごめんな!用事ができて弁当買えなかったんだ)そう言い残して足早に階段を駆け降りて行った。 つづく 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 23:00|PermalinkComments(0)心霊 

道の真ん中にぼーっと座ってるだけで特に害は無いそうです

245 : 1 ◆ozOtJW9BFA [] : 投稿日:2003/06/10 21:14:00
これは漏れの聞いた話っす。漏れの地元の噂話なんでつが(ネタかも?) 
とりあえず聞いて下さい。 
漏れは海の近くに住んでまつ。 
海岸線は中々綺麗で夏は海水浴客で賑わいます。 
そんな海岸線のある通りでのお話でつ。 
その道は脇道もあまり無く夜中は飛ばせる道でつ。 
そこは夜中おばあさんの幽霊が出るとの噂ですた。 
そのおばあさんは道の真ん中にぼーっと座ってるだけで特に害は無いそうです。 
昔からそういった噂はあったのでつがここ数年急速に『目撃例』が増えてまつ。 
それはなぜか?その理由を聞いたのでカキコしまつ。 
つづく!! 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00|PermalinkComments(0)心霊