2015年05月26日

山手線某駅近辺でのお話

121 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/28 20:57:00
 
以前住んでいたボロアパートでの話。田舎から引っ越したばかりで、
一階だというのに鍵もかけずにカーテンもつけずに生活していたが・・・

ある日、夜明け前にふと目が覚めると、サッシ窓に人影が!


「しまった、鍵掛けてない」


と気が付いて背筋が寒くなったが、ガタガタ音がするばかりで一向に侵入してこない。

そういえば、あのサッシ窓は立て付けが悪くて開けるにはコツが要るんだった。と
りあえず侵入するのを待って・・・
などと考えているうちに人影は諦めた様で人の
気配が無くなった。

それ以降きちんと戸締りする様になった事は言うまでもない。今考えるとマヌケな
話だが、見知らぬ人影があれほど恐ろしいというのを身をもって知った貴重な体験
であった。



122 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/08/29 03:01:00
 
全然間抜な話しじゃないよ……
 
((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
私も気をつけよう…



123 : 121ジャナイケド[sage] : 投稿日:2002/08/29 03:14:00
 
>>122
 
気を付けるヨロシ、知人女性はヤハリ田舎出身で夏場に暑いので
網戸にして寝ていたら夜中に何か重くて目が覚めたとな
 
見知らぬオッチャンが股間出して自分の体の上に中腰で
寝顔を覗き込みながらシコってたそうだ。幸い相手が気が小さかったのか

 
「ヒィィ」


と声を出したら逃げ出して行ったそうだが


「運が悪かったらアタシ殺されてたかも」


と後日、青くなって語っていたオカルトじゃないのでsage



124 : 122知人返し(w[sage] : 投稿日:2002/08/29 03:49:00
 
>123様
 
心配していただいてありがとうでつ。・゚・(ノ∀*)・゚・。<嬉し泣き

私の知人も、ボロアパ住まい時に窓全開玄関開けで寝ていて
ふと目を覚ましたら
股間丸出し君が枕元で正座していたそうです。
 
ビックリして大声だしたら逃げていったと。

ここまでなら同じ話なのですが、
知人は 男 性 。
 
しかも枕元には御丁寧に財布まで置いてあったのですが、手付かず。
金より体を狙われた事が、男性として情けなかったそうな…
どっとはらい。

ちなみに山手線某駅近辺でのお話ですた。


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 04:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字