2015年05月30日

この男おかしい!

70 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/26 01:43:00
 
私の恐怖体験。古い話なんだけどねー(^^;)
 
私は多摩地区で、学生時代一人暮らししていました。
居住者女性限定のアパートで安心したのですが、友達には


「だからこそ狙われやすい、気をつけな」


と言われ、戸締まりもしっかりするようにしました。
でも・・・来るときは来るもんですね。
 
ある年の夏休み。全8世帯入っていて、
そのうち私と一番奥の部屋の女の子以外は不在、という夜がありました。

帰省した人もいたし・・・看護婦で夜勤、という女性もいた。



71 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/26 01:48:00
 
(70のつづき)
 
私もいけなかったんですが、(やはり気が緩んでたのかな)夜8時頃に


「人いないしイイヤ!」


と、大きな音立てて洗濯機を回しました。やっと脱水という段階で何か疲れて。
脱水槽に洗濯物残したまま、部屋に入り、30分ばかり電話で同級生と話してたのです。
 
すると、バタバタッという足音がしノックが。
出てみたら居残っていた奥の部屋の子と、その子の友達です。



72 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/26 01:51:00
 
(71のつづき)
 
ふたりは青ざめて、今夜私の部屋に男性の知り合いが遊びにくる予定はあったかと妙なことを聞く。

 
「彼氏いないから、そういう予定ないよ~ん」

 
と冗談ぽく答えた(いや、フリーなのはマジですが)私に、
ふたりはなおさら青ざめてヘナヘナ座り込む始末。
 
理由を聞いて、私もかなりヘナヘナしました。
 
というのも、ふたりが駅前の居酒屋に飲みに出ようと玄関を出たところ、中年男性が、
私の部屋の前に置いた洗濯機の脱水槽を開けて手を突っ込んでいた、というのです。



73 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/26 01:58:00
 
(72のつづき)
 
その男と目があった途端、女の子は


「ど、ど、ど、どなたですかっ!」


と、ちょっと変な声で叫んでしまったそうです。一瞬


「この男おかしい!」


と思い、あまりにも怖くて、かえって変な言葉しか発せなかったらしい。
男は掴んでいた洗濯物を放り出し階段を駆け下りて行ったそうです。

 
「部屋にいて音とかしませんでした? 窓に影映んなかったの?」

 
と聞かれましたが、電話に夢中だった私は(TVつけてたしな~)まったく気づきませんでした。
警察を呼びましたが、パトロールしてもらっても結局正体はつかめず・・・
 
怖かったけど実家にも帰れないし、女の子たちは飲みに行くのを中止し部屋に籠もり、
私も厳重に鍵閉めて床につきました。



74 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/26 02:07:00
 
(73のつづき)
 
ところが。その夜、深夜12時。コトーンという軽い音を私は聞きました。
何かシシオドシみたいな。室外からです。
その後無音。やがて


「Yさん!」


という奥の部屋の女の子の声。ドアを開けたら、彼女と友達がまた立ってました。
あれから部屋に籠もったけど、換気が悪く、窓を開けた。

その時何気に下を見たら(アパートの下=雑草ぼうぼうの庭)、
真下の住人のベランダの物干し竿が風もないのに、
地震でもないのに音を立てて不自然に落下したのが見えた、というのです。
 
すんげぇ怖かったけど、3人で降りて見たら、本当に落下してました。

でも、初レスに書いたように他住人は不在です。



75 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/08/26 02:13:00
 
(74のつづき)
 
お陰さまで、また警察を呼ぶ羽目になりました。
でも今夜二度目なので、お巡りさんも相当心配してくれちゃって、


「みんな鍵閉めてまだ起きててくれますか。
これから3人でパトロールして、その後もう一回立ち寄るから。
今夜は明け方までに何回か見回るよ」

 
という言葉。ありがたかったです。

結局犯人は捕まらなかったけど・・・ 
(第一ああいうのはゲンコウハンでないとダメ、なんだよね) 長文スマソ


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 04:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字