2015年06月28日

供養碑

某鉱山は既に廃鉱となっているのだが、その面積は広大で、その一帯はゴーストタウンのようになっている。

そこは古くからある鉱山で、事故で亡くなった方も多数いる。そんな訳で死者の霊を慰める供養碑が建てられており、その数が7つある。

そこに心霊番組の取材班が訪れた。ゴーストタウンと化したそこには幽霊話が多くあり、心霊スポットの検証ということでの取材であった。

地元の人曰く、そこに行くなら供養碑にしっかりお参りした方が良いらしく、しかも広い鉱山点在しているに7つ全てに行かなければならないという。

取材班は7つ全てを回るは面倒くさかったので、一つの供養碑だけにお参りを済ませ、取材を開始した。

そこの地下には無数のトンネルが走っており、一度迷うと二度と地上には戻れない迷路のようになっている
。まずは暗い坑内を探索しようということで、取材班は地下への入り口を目指す。そこでの取材中、まずカメラマンに不幸が降りかかった。

入り口付近で突然、カメラマンが機材ごと穴に落ちたのだ。足を滑らせたのか、本人もなぜ落ちたのか分からない。カメラマンは足を骨折したようで、そこでリタイアすることに。

残ったもので取材を続行したが、トンネル内で二人が負傷し、取材は打ち切りに。

そこに案内してくれた地元の人に話すと、
「供養碑は全部お参りしなきゃダメだよう」
と怒られてしまった。

そして、こう続く
「供養碑の1つだけしかお参りをしていない人間の、帰りの安全は保障できない」

この言葉にびびった取材班は7つの供養碑にお参りして、帰宅の路についたという。



このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字