2015年07月29日

白いワンピース

559 : 雷鳥一号[] : 投稿日:2003/05/05 04:22:00
私がまだ大学生だったときの話です。 

当時、私たちは隣町の同じコンビニでバイトをしていました。 
バイトの時間は、私は土日の夜中だけ、H君が平日の午後、 
そしてO君が水~金の夜中と、見事にバラバラでした。 

その日は平日だったのですが、なにやら朝から伝票の整理とか 
大仕事があったとかで店長さんが忙しく、H君は交代のO君が 
来てもまだ店長に付き合って残っていたそうです。 

店長がその日の事務仕事を片付け終わり、H君も最後の掃除を 
終えて帰り支度を始めたときのこと。 
店番をしているO君が青い顔をして奥に入ってきました。 
ただ事ならぬ雰囲気を感じとり、店長が尋ねました。 

「どうしたん、O君よ?」 
「今、自動ドアが開いたんです・・・誰もおらんのに」 
「たった今? でもチャイムは鳴らなかったよね。」 
「いや、それが・・・僕の目には見えへんのですけど・・・」 

コンビニには防犯用のモニターが設置されていました。 
このモニターはレジでも奥でも見られるようになっています。 
O君が口ごもったのを見て、二人はそれを覗き込みました。 

インスタント食品の棚の間を、髪の長い女性が歩いていたそう 
です。白いワンピースでふらふらと。首を左の肩につけるくら 
いに折り曲げて。 
(続く) 



560 : 雷鳥一号[] : 投稿日:2003/05/05 04:23:00
(続き) 
一目見て、これは普通の生きている人間ではないと感じたそう 
です。ヨタヨタと歩を進めるたびに、首がぶらぶらしています。 

「やっぱりここのモニターでも見えるんですね・・・この人、 
 目じゃ見えないんですよ」 

O君の小さな声を聞きながら、店長もH君も固まっていたとか。 

「それでですね、ブックコーナーで立ち読みしているお客さんが 
 一人いるんですけど・・・一体どうしましょう?」 

三人は顔を見合わせ、そのままモニターの前から動けなくなり 
ました。件の女性は店内をあてどもなく歩き回っていましたが、 
やがて目標を定めたようにブックコーナーへ向かいました。 

ブックコーナーには確かに男性客が一人いました。 
小太りで眼鏡をかけ、トレーナーとジーンズ姿で、一心不乱に 
男性週刊誌を読み耽っていたそうです。 

女性はどんどん客に近づいていきます。 

「・・・これって知らせた方がよくないですか?」 
「幽霊が後ろに立ってますって声かけるのか?」 
「いや、なんか、それもちょっと・・・」 

誰も絶対にその女性の近くに寄りたくなかったんだそうで。 
三人が見守る中、男の後ろでそれはピタッと立ち止まりました。 
(続く) 



561 : 雷鳥一号[] : 投稿日:2003/05/05 04:23:00
(続き) 
やがて女性は激しく首を振り始めました。 
身体の動きに一テンポ遅れて首が振られるのが、じつに恐ろしく 
異様な光景だったそうです。 

しかし、男性は気付く様子がありません。 

首を振りながら、女は男の後ろをウロウロし始めました。髪の毛 
がばさっと乱れます。 

しかし、それでもやっぱり、男はまったく気付かないのです。 

いや、初めて男が動きました! 
さては気が付いたか、と思いきや、今度は別の週刊誌を手にとっ 
て読み始めました。ああ。すぐ後ろでは首ぶら女が激しく身体を 
打ち振っているというのに。 

そのうち、女性は身体を揺らすのを止め、ふらふらと店から出て 
行きました。やはり自動ドアは開いたものの、チャイムは鳴らな 
かったのだそうです。 

店長はしばらく呆然とした後、頭を一つ振ってレジの方へ向かい 
ました。残る二人もついて行きました。 
(続く) 



562 : 雷鳥一号[] : 投稿日:2003/05/05 04:24:00
(続き) 
三人は、しばし無言で立ち読み男を見つめたそうです。 
自分を見ている視線に気付いたのか、男は急に立ち読みを止め、 
飲み物とスナックを手にしてレジに歩いてきました。 
何を感じたのか、少し申し訳なさそうな顔をしています。 

レジの上に商品が置かれても、三人は黙って男を見ています。 
男は不安になったようで、しばらくモジモジしていましたが、 
「あの、それを買いたいンですが、レジをお願いします」 
と言ってきました。 

店長が一言答えました。 

「気付いてやれよ!」 

「???」男は何を言われたのかさっぱりわからないようで、 
目を白黒させていました。 

傍観者が思わずそう言いたくなるくらいに、女が後ろで揺れてい 
た時間は長かったそうなんです。最初は恐ろしくてどうしようも 
なかったのが、最後は「あー、もうっ!」てな感じで焦れてしま 
ったのだとか。 

私はこの話を聞いて、自分の夜勤のときにもこの人は来るのだろ 
うかと、しばらくドキドキして仕方がありませんでした。見てみ 
たいような見たくないような。 

この一回きりで、その女性が姿を見せることはなかったようです。 

私の身近で起こった、恐ろしくてしかしどこか抜けてる話でした。 
長文ですいませぬ。 


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字