2016年02月28日

幼い日の出来事から・・・

403 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/12 02:11:00
最初に、何歳の頃かも忘れてしまった、幼い日の出来事から・・・ 

山や田んぼには、神様が住んでいると言う話を聞いた事がありますか? 
私の生まれた町では、お百姓さん達からそんな話を聞かされて育ちました。 

ある日、私は幼馴染A君と、彼の家の近所の神社の裏手の田んぼのあぜで、2人で遊んでいました。 
親からは「明るいうちに、帰っておいで」と、きつく言われてはいましたが、 
楽しい時間はあっという間にすぎ、あたりが薄暗くなってきてしまった時、それは起こりました。 
苗の植えられている田の水面が鏡のように調い輝いて、その中では、怒り心配している私とA君の母親と、 
近所に住んでいる同級生の母親が映っていたのです。3人の母親の会話まで聞こえた記憶があります。 
早く帰らないと酷く怒られると思った我々は、急いでA君の家の前まで駆けて行きました。 
そこには、水面に映ったのと同じ服装、構図の母親たちの姿がありましたが、なぜか不思議には思いませんでした。 




404 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/04/12 02:11:00
その後か先かは忘れましたが、田んぼに石を投げ込む遊びをした事があります。 
まだ苗の植わっていない田んぼは見晴らしが良く、大きな石を投げ込むと爆発するように泥と水飛沫を上げる事から、爆弾投げと呼ばれていました。 
その年、私の家の前の田は「神田」(その田の収穫から、神社に一束の稲穂をお供えする)となっており、お神酒と、注連縄で飾られていました。 
私たちは、いつもの年のように、大きな掴み易い丸めの石を選んで投げ込む事にしました。まるで注連縄がプロレスのリングのようで、 
幼い心に特別な思いを抱かせたのでしょうか?私は、石垣に隠しておいた、模様の入ったお気に入りの宝物の石を投げる事にしました。 
石の大きさは、多分大人の握りこぶし位だったのではないでしょうか。私は一番乗りで石を投げ、石は放物線を描いて水面へ。 
大きな水飛沫が上がった時、私は頭に強い衝撃を受けて、意識を失いました。 
目が覚めると、そこには母と、友人達。そして近所の医院のお爺ちゃん先生が覗き込んでいました。 
「この石が頭にぶつかったんだよ」と聞かされて、先生が見せてくれた石は、確かに自分が投げ込んだはずの宝物の石だったのです。 
周りにその事を訴えると、皆、急に押し黙り、その後両親に連れられて神社と田んぼに、お供えをしに行った記憶があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 15:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字