2016年05月31日

クラス会

45 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/07 03:12:00
[クラス会] 

十年ぶりに女子高時代のクラス会へ出席した。 
ホテルの会場で懐かしい顔をみつけては近況を報告しあい、積る話で大いに盛り 
上がった。 
そのうち、ある女性のことが話題に上った。彼女は、私たちのグループからいつ 
もいじめられていた子で、そんな彼女が前回のクラス会に出席したことに私たち 
は驚いたものだった。 
「さすがに今回はもう来ないだろうなぁ」 
私は数人の旧友たちとそんなことを話していた。そこへ幹事役の淑子が緊張した 
ような面持ちで、私を手招きした。彼女は、バトン部のキャプテンで私たちグルー 
プのリーダー的存在だった。 
会場の隅にあるソファに座ると、淑子は話し始めた。 
「クラス会の連絡が往復ハガキで届いたでしょ? でも消息がつかめなかった人 
が何人かいて、その中に例の彼女もいたのよ。それでも何とか連絡先がわかって、 
電話で直接クラス会の連絡を入れたの。そうしたら、お母さんが出てきて、彼女 
は自殺したって……」 
「大人になっても職場とかでいじめられてたのかなぁ」 
私がそう言うと淑子は首を振り、 
「それが、自殺したのは卒業式の次の日らしいの」 
「……そ、そんなら、十年前のクラス会に出てた彼女はいったい」 
私はそう呟くと心を静めるために、持っていたグラスでのどを潤した。つられた 
ように淑子も手にしていたコーラを一口飲むと、再び口を開いた。 
「それで、受け付けの参加者の欄に彼女の名前があるんよ……」 



46 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/07 03:21:00
...わたしだけ...呼んでくれなかったわね.....いつもいつもいつも... 


最後の一言で、皆がさーっと青ざめる感じですね。 
十年前のクラス会でも、誰とも話さなかったため気づかれなかったのか。怖い。 


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 23:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字