2016年06月29日

赤い女だった…

229 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/06/22 15:31
笑える話と言うか、怖い話と言うか…ともかく身内と私自身にあったことです。 
今から10年ほど前でしょうか。 
深夜ふと目を開けたとき、真っ赤な女性のシルエットが宙に浮いていました。 
そのシルエットは、そのまますうっと消えました。 
一瞬ぎょっとしましたが、私はカーテンの隙間から差し込んだ光か何かを見間違え 
たのだろうと思い、そのまま寝ました。 

身近にいろいろ起こったのは、それからでした。




230 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/06/22 15:36
私の家には当時、両親と弟、それに私の4人が住んでいました。 
もう一人の弟はすでに家を離れており、誰も使っていない彼の寝室にはベッドが一 
つ置いてありました。 
ある晩食事をしていると母に、その誰も使っていない部屋に入ったか尋ねられま 
した。 
いや、と答えると母は怪訝な顔をします。 
なにがあったのか聞くと、母はこう答えました。 
「○○(独立した弟の名前です)の部屋のベッドな、なんか乱れていて…まるで誰 
かが寝たあとみたいに」



231 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/06/22 15:44
なにやら気味が悪いということで、母が魔除けのつもりで塩と剃刀の刃をその誰も 
使っていない部屋に置きました。 
その翌日です。 
居間の食卓に置いてあった新聞を広げると、中の数ページが切れていたのです。 
丁度、剃刀で切ったかのように鋭く…。



232 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/06/22 15:46
その後、ちょっとした災難が続きました。 
同居している弟が不注意から指に火傷をしました。 
また私も、激しい頭痛に襲われ数日会社を休みました。熱はなく、風邪とかのたぐ 
いではなかったと思います。



233 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/06/22 15:51
オチと言いますか、先に申し上げます。 
誰も使っていないはずの部屋のベッドが乱れていたのは、父が昼寝したためでし 
た。父はわりとずぼらな性格で、乱れたシーツなどを直さなかった…ただそれだけ 
のことでした。 
また、新聞紙が切れていた件は、どうも母親がそこで食パンを切ったためだったよ 
うです。なにぶん昨日の今日だったため、怪現象に結びつけて考えてしまったよう 
でした。 
やはり、怖い怖いと思っていると、なにごともそんなふうにとらえてしまう、とい 
うことなんでしょうね。 



234 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/06/22 16:00
で、その後なのですが。 
弟が火傷の治療のため、車で病院に行くということで、私もいっしょに行くことに 
しました。原因不明の頭痛はまだ続いていたのです。 
車を駐車場に入れ、二人でロビーに向かって歩きながら、私はふと、弟に言いまし 
た。 
「しかし、ここのところ妙なことが続いたな」 
「うん」 
「この間の夜も、変な赤い女を見たし…ま、見間違いだろうけど」 
「…」 
ふいに弟は立ち止まり、しばらく口ごもってから言いました。 
「俺が見たのも、赤い女だった…」 

その後は、特に変わったことはおきていません。 
先に述べましたようにベッドの乱れも、新聞紙が切れていたのも、怪奇現象でもな 
んでもありませんでした。 
私の頭痛も、よくある体調不良だったのかもしれません。 
しかしその「赤い女」についてだけは、いまだに納得の行く説明ができないので 
す。


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 23:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字