前に見たものと同じなのですが、何かがおかしい …というより、明らかに違う部分がありました。悪夢

2016年08月06日

「おい!」

560 : 600番、GETか~!![age] 投稿日:04/03/12 12:24
既出ですが(って言うか、似たような事かな?)、前に「オイ!」と幽霊に声をかけられた人がいるらしいですが、僕にもあります。 

僕がようやく一人暮らしを始めた頃の事なんですが、現在、室内用アンテナが壊れてしまって、使い物にならないTVが僕の部屋にあり、いつもTVを見るときには居間の方までで向きます。 
その時もいつものようにTVを見るために、居間へと続く廊下を歩いていました。 
距離はほとんどありません。なにせ、単なるアパートですから。 
で、居間の扉を開けた途端、 

「おい!」 

と、結構野太い男の声が聞こえました。しかも僕よりも遙かに高い場所からです。 
ほとんど天井近くと言っても過言ではありません。 
ただその時は、いきなり声をかけられたので、反射的に背後を振り返ったのですが、そこには誰もいません。 
そりゃ、いるわけないですよね、僕一人なんですから。 
でもその時は、不思議と恐怖感は芽生えませんでした。 
それよりも、誰が声をかけてきたんだろう?と言う気持ち一杯で、辺りをキョロキョロ、天井も見上げてみましたが、声の主はどこにもいません。 
「あれ? おかしいなぁ~」と不思議に思いつつも、僕はTVにかじりつきました。 
勿論、TVは面白かったです。 

でも、声がかかるよりも前から、廊下に男の気配がしていたことは確かです。 
なんとなくですが、他者からの視線のような、誰かがいるような気配らしきものは感じていたからです。 
そこで、「何故に男だ!?」と聞かれても困るんですが、何故か僕は『男の気配』と感じられたんです。 
この件は去年のことなんですが、今ではもう、声をかけられることはありません。つーか、聞きたくないです。 

ちなみに、男の気配を感じ始める少し前から、僕が居間にいると、誰かが部屋へ入ってくる気配がしばしば。 
でも「あぁ、誰かが間違えて入ってきたんだな~」くらいにしか思わず、相手にもしなかったせいか、居間への珍入者も現在では訪問してくることはありません。




561 : ↑560番の間違えじゃ~!![age] 投稿日:04/03/12 12:26
続きです。 

しかし、短い間でしたが、母がうちへ居候に来た時に、彼女もまた、 

「おい!」 

と言う声を夜中にかけられ、目を醒ましたことがあると言う事です。 
それ以外にも彼女には、何か色々あったようですが、僕にいたって平和そのものです。 
そして、兄貴も僕のうちに居候していたことがあったので、一応彼にも「何かなかったか?」と聞いたんですが、「いや。なんにもねぇぞ」との回答。 
やはり、被害に遭っていたのは僕と母だけでした。 
僕は猫を飼っているのですが、あれだけ頻繁に、向こう側の世界の住人が押し掛け訪問をしていたときにも、なんの反応を示さないとは、これいかに!? 
腑に落ちません。もう、14歳だから、ボケでも入ってるのかと思いきや、行動を見る限り、そんな事はなさそうです。 
でも取り合えず、猫が恐怖におののくほどの霊が来ていないことは確かなようで・・・(w 
さすがにこいつが叫び声を上げたら、兄貴のうちへ猛ダッシュで逃げる覚悟はいつでもできています(w 
居間、密かに心の中で思っていること・・・・。 

『奴に出会したくない!!』 

静かに成仏してくれ~!!(結構、切実) 

あまり恐くない上に、長文で失礼しました。 
まだまだ、語り尽くせない心霊体験がありますが、それは機会があったらお話ししましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
前に見たものと同じなのですが、何かがおかしい …というより、明らかに違う部分がありました。悪夢