2016年08月29日

白いチマチョゴリを着た女の人

641 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/01/03(水) 05:21:27 ID:hslTx4zC0 [1/2回(PC)]
山にある友人の家(当時韓国在住)に初めて遊びに行った時のこと。 
頭痛が止まらないし、肌ぶも何か生ぬるいのが引っ付いているようで気持ち悪い。 
そのせいで時々ぶるッと身震いをしていた。 
とにかくなんだか嫌な感じがしたので、 
「ここ、何かいない?」ときいてみたら、友人とその母は黙りこんでしまった。 
夜7時ごろまで遊んでいたが一向に頭痛は治まらなかった。 

夜も遅いし、帰りは友人と友人母に送ってもらうことになった。 
道を下りながら友人と話をしていると、おばさんが話しかけてきた。 
友母「裏の家にある桃の木がね、ちょっと変な噂があるのよ」 
友人「そうそう、さっき吃驚した」 
私「・・・やっぱり何かいましたよね?」 
友母「桃の木の下に白いチマチョゴリを着た女の人が出るんだって」 
友人「あんなこと言い出すからめちゃくちゃコワかったよ!」 


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 07:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字