2016年08月30日

いや、今ね・・・

165 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/13 23:10
スーパードラッグに勤務する、29歳男子です。 
この春に出店した新店に配属になりました。店の営業時間は 
朝10時~深夜10時。いつもは監視カメラで店内を常時撮影し 
万引き対策にしています。 
先月、何故か学生(中高生)が昼過ぎに多く出没し 
「テストがあったのかな?」と思って、私と店長と薬剤師さんとで 
なるべくお客様の邪魔にならない程度で、店内に気を配っていました。 
以前に捕まえた万引きの女子高生は、アイプチ(二重まぶたにするもの) 
とかをバッグにいれており、監視カメラにバッチリ映っていたので 
店を出た時に声をかけ、本人も万引きを認め、警察に通報しました。 
そういう経緯があって、学生が多く店に来店する時はスタッフ全員で 
「もっとお客様に気を配ろう」という意識のもとに、作業を中断し 
店内を回遊していました。 
薬剤師さんが、ヘアカラーのコーナーをじっと見詰めていました。 
視線の先に人はおらず、「あれ?」とおもった私は薬剤師さんに近づき 
「どうしました?」と声をかけました。 
薬剤師さんは、「いや、今ね・・・」と言ってそのまま押し黙りました。 
180坪近い店なので、けっこうお客様が入店していても、誰もいない 
一角はあるものです。しかし、その時は本当に珍しく、学生が多かった 
にも関わらず、ヘアカラーのコーナーには、お客様は誰も居ませんでした。 
私は不思議に思い、薬剤師さんの視線の先には何があるかと、二人で 
誰もいない空間を見つめていたのでした。



166 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/13 23:11
私と薬剤師さん、そしてアルバイトがお昼休憩に入りました。 
時刻はお昼の二時近かったと記憶しています。「さっきはどうしたんですか?」 
と訊ねると、変な子がじっと佇んで、うつろな目で、ゆっくりと首を左右に振りながら 
何かボソボソと喋っていたと言う事でした。 
男の子で、中学3年~高1ぐらい。髪は短くて真面目そうで、見たことのない 
ボタンのついていない制服だったと。 
「なんかやばそうだ」と思ったそうです。近づくと、島陳列の陰に隠れ 
突然、店から居なくなった。それをきいて私も先ほどの店内回遊を 
思い出していましたが、まったくそういう人物がいたということが思い出せません。 
アルバイトにきいても、倉庫と店内を商品を補充する為に往復することに 
終始しており、知らないと言う事でした。 
ただ、薬剤師さんが気味悪がっていたので、休憩が終わるとすぐレジ担当の 
パートさんに聞きました。しかし、そういう人は見かけなかったそうです。 
閉店後、店長に事情を話しました。店長はそういうミステリーっぽい事が 
好きなタイプで、すぐに確かめようと監視カメラを録画しているビデオを 
その時間まで巻き戻し、再生してくれました。 
これは特殊なビデオで、画面に四分割で再生されます。つまり、店内の 
設置カメラの数です。



167 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/13 23:12
その時間まで巻き戻す事は非常に困難でしたが、問題の時間まで 
どうにか巻き戻し、再生しました。ヘアカラーのコーナー、化粧品の 
コーナー、医薬品のコーナー、レジ周辺。その四分割にわかれた 
映像が再生されました。 
すると、灰色の学生服で、確かに首を左右にゆっくり(すごくゆっくり) 
振っている男の子が映っていました。遠くて表情はわかりませんでした。 
しかし、生気の無い・・・と言われたら、「そう言われれば」と思う血色。 
手はだらんと真下に下がり、脱力したようでした。一瞬、その人物が 
動きを止め、カメラ目線になりました。薬剤師さんは「やっぱりこの人だよ」 
と確信を得たようでした。店長も「で?これが消えるの?」と半信半疑で 
見ています。そして、瞬きするような、ほんの一瞬の事です。 
四分割の一画面(ヘアカラー)いっぱいに、その人物の顔がドアップに 
なりました。これには本当に驚き、私は「うわ!うわうわうわ~」と 
のけぞってしまいました。そのあとの映像には、その人物は居ませんでした。 
そして一分弱、薬剤師さんと私が現れ、一点を見つめる後姿が映りました。 
店長が「これヤバイよ」とテープを処分し、そのあとも別に呪いとか災厄とか 
そういったものは一切無かったのですが、今でもボンヤリと憶えているのは 
アップになった時の表情です。うつろで視線の定まらない目、土色の顔。 
そして、学生が入店してきた時に、ちょっと緊張するようになり、 
「霊魂きたで~」とかパートさんと冗談を言うようにもなりました。 



このエントリーをはてなブックマークに追加
at 19:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字