2016年12月09日

そっと一人で病室を塩で浄めました。

376 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:05/02/08 01:24:13 ID:eFV2ATFc0 [1/2回(PC)]
父が入院していたときの話、ある日 
父:「とうさんは死ぬのか?」 
母:「なんでそんなこというの?」 
父:「じいさん(父の父、すでに数年前に他界)がそこでうろうろしてるから」 

私はとっさにあたりを見回し「なにも誰もいないよ」といいました。 
母が相当こわがって動揺していたので、 
私が見た病室と窓の外の光景はあえて口にだしませんでした。 
亡くなる前っていろいろあるみたいですね。 
数日後父は亡くなりました。 




377 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:05/02/08 06:14:13 ID:XbNW084C0 [1/1回(PC)]
こわー・・。そんなこと言われたらぞっとするね。 
で、あなたは病室と窓の外に、何を見たの?



378 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:05/02/08 06:34:53 ID:+d7G3pfi0 [1/1回(PC)]
>>376が見た病室と外の光景詳しく



379 : 376[sage] 投稿日:05/02/08 11:43:03 ID:3Hwo+8B20 [1/1回(PC)]
いま仕事中なので後ほど書きます。 
昨日もそうだったんですが、 
書き込もうとするとパソコンが何度もフリーズするんです。 
たいした話ではないのですがね。



380 : 376[sage] 投稿日:05/02/08 23:38:21 ID:eFV2ATFc0 [2/2回(PC)]
病室は4階の個室で窓は入り口の反対側にありました。 
部屋を見回すとたしかに入り口あたりで祖父がこちらをみていました。 
次に窓の外に目をやったとき、思わず目をこらしました。 
どろどろにただれた真っ黒な顔をした人(正体、性別不明)が 
窓の外に張り付いていて、口をぱくぱくさせながらこちらをのぞきこんでいたんです。 
何か言っていたのかもしれません。 
ぎょろりと大きな目をしていてやたら目立つ白目が鈍く光っていました。 
後ろにははっきりみえませんが人とも何ともつかぬものが蠢いていました。 
私以外の家族は全く見えないので「なにも誰もいないよ」とだけいってそっと一人で病室を塩で浄めました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 11:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字