2016年12月04日

生霊

126 : 青田 ◆t291XhvMgA [] 投稿日:04/09/06 13:49 ID:5O30RLw5 [1/1回]
友人のM子さんから聞いた話。 
彼女が小学校3年生の時、仲の良い女の子2人と毎夕一緒に 
ジョギングをしていたそうです。仮にA子ちゃん、B美ちゃんとします。 
ある時、ささいな事からM子さんとB美ちゃんが喧嘩をし、何となく 
B美ちゃん一人を仲間はずれにする様になりました。 

ある夕方、M子さんとA子ちゃんがいつもの様にグラウンドでジョギングを 
していると、トラックの反対側あたりにあるフェンスを飛び越えて 
B美ちゃんが現れました。 
「わー、B美だ!」子供というのは意地が悪いもので、M子さんとA子ちゃんは 
B美ちゃんから逃げる様に駆け出しました。M子さんが後ろを振り返ると、B美ちゃん 
が有り得ないスピードで追いかけて来たそうです。何故か「殺される!」と直感的に 
感じたM子さんとA子ちゃんは半狂乱でトラックを半周し、目の前にあった壁を 
飛び越えて逃げ様とよじ登りました。そこで後ろを振り返るとB美ちゃんの姿は 
忽然と消えていたそうです。 

グラウンドは四方を壁で囲まれていて、壁をよじ登って出るにしろ、出口から出るに 
しろ、B美ちゃんがいた位置からでは時間的に不可能。 
M子さんとA子ちゃんは不思議に感じつつも家に帰りました。 

しばらくして、M子さんとB美ちゃんは仲直りをするのですが、後でその時の事を 
話すと、B美ちゃんは「喧嘩してる間は一度もグラウンドに行っていない」と語った 
そうです。 
「多分、あれが生霊ってやつだと思う」とM子さんが話してくれました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 16:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字