2016年09月28日

私が聞いたの明らかに父の声だった

236 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:04/05/15 19:38 ID:UNUVBrb5 [1/2回]
中学生の頃、病気で父が死んだ。 
葬式からしばらくは、死んだことを自分で実感できずに、涙も出ず、 
私は薄情な人間なんだとぼんやり思いながら過ごしていた。 
その頃の私は寝てばかりだった。あんなに寝ることはないっていうくらい一日の 
大半を寝て過ごした。今思えば無意識の内に寝ることに頼っていたのかもしれない。 
あと、多分なんとなくだけど生命力が低下していた気がする。何もやる気が起きなかった。 
そしてある日の夕方、父の部屋でテレビをつけっぱなしで寝ていたら、 
「○○(私の名前)!」と呼ぶ声が聞こえた。「お父さんだ!!」と思ってガバッと飛び起きたら、 
それはテレビのCMで、あるタレントがこちらを向いて笑いながら、「○○!がんばれ!」と 
言っていた。偶然にも同じ名前だっただけだった。 
でも後にも先にもそのCMを見たことはないし、私が聞いたの明らかに父の声だった。 
そこでふと我に返り、父を亡くしたことがリアルに私の体を駆け巡り、 
父のいなくなった父の部屋でワンワン泣いた。 
あのCMは偶然流れただけかもしれないが、私の中ではとてもとても大きなものだった。 
(続きます)




237 : 236[] 投稿日:04/05/15 19:45 ID:UNUVBrb5 [2/2回]
それから、度々父が夢に出てくるようになった。 
でも不思議なことに、はじめの頃は顔もしっかり見えていたんだけど、 
段々と後ろ姿だけになり、声だけになり、最後には“気配”だけになっていた。 
“気配”だけになったのがちょうど大学の2年くらい。 
“気配”だけでも私にはその存在はリアルに感じられ、父の夢を見た朝は 
いつも涙を流しながら目が覚めた。 
父が“気配”になった頃、私には彼氏ができ、そして同棲をはじめたのだった。 
それまでは慣れない場所でひとり暮らしの私を心配し、遠くから見に来てくれていたのかもしれない。 
でも私を大切にしてくれる人が現れたから、安心して最近は現れないのかもしれないなあと思う。 
同棲をし始めてから、父はぱったり夢に現れなくなった。 

でも、先日祖父が1週間くらい昏睡状態が続き、「もうダメだろう」と言われて、 
誰もがダメだと思っていた。私は、実家に帰って一晩中父の仏壇に祈りつづけた。 
「まだ、おじいちゃん連れて行かないで。お父さんいなくなっておじいちゃんも 
いなくなったらみんな悲しがる。お母さんのために、私のためにもまだお願いだから 
連れて行かないで」と涙を流しながら手を合わせ続けた次の日、おじいちゃんは 
奇跡的に目覚めた。そして危ないと言われながら半年経った今もなんとか生きている。 
きっと私はあれは父のやさしさだと思っている。



238 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/05/15 21:23 ID:jEzERziN [1/1回]
>>236/237 

今宵も胸がジーンとなるお話を伺うことが出来ました。 


このエントリーをはてなブックマークに追加
at 07:00│Comments(0)心霊 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字